★新年度、新生活をスタートする方におすすめのパワースポット★ について知りたい方はこちらをクリック!!

人探しの「新田稲荷神社」小惑星探査機はやぶさ帰還で有名に!神様情報も!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。
アイキャッチ_はやぶさで有名! 新田稲荷神社 パワースポット

JAXA(宇宙航空研究開発機構)の無人探査機が、月面に着陸!
2024年1月20日に、そんなニュースがありました。
日本では、月に着地した例はなく、今回が初!!の出来事だったみたいです👏

そんなJAXAの宇宙調査と、とても関係深いパワースポットがあるんですよ!
それが、神奈川県の相模原市にある新田稲荷神社の「呼ばわり山」です!

2003年に打ち上げられた、小惑星探査機「はやぶさ」。
みなさんの記憶にもあるかもしれませんが、「はやぶさ」って実は広大な宇宙の中で、迷子になっていましたよね😭
様々なミッションを終えて地球へ帰還しようしていた2005年、突如、地球との音信が途絶え、はやぶさは1人地球を彷徨うことに…。
この時は、ニュースでも度々報じられ、日本中がはやぶさの発見を願っていました。

そんな渦中、あるJAXAの研究者が、はやぶさの発見を祈りに通っていたのが、この新田稲荷神社の「呼ばわり山」です。

「呼ばわり山」は、人探しのご利益があり、願うと迷子が見つかると言い伝えられている小高い山です。

この研究員が毎日、「呼ばわり山」を訪れ祈り続けていた結果・・・

なんと、はやぶさとの音信が復活したのです!!
あんな、ひろ~いひろ~い宇宙で迷子になっていたはやぶさが見つかったのです!

そんな経緯を経て、「呼ばわり山」のある新田稲荷神社は人探しの神社として有名になりました。

ここでは、そんな新田稲荷神社の「呼ばわり山」は何の神様なのかや、はやぶさとの関係について、もう少し詳しく紹介していきます!

相模原市にある新田稲荷神社の「呼ばわり山」は何の神様?

新田稲荷神社とは?

新田稲荷神社は、神奈川県の相模原市の淵野辺駅の近くにあります。
ご祭神は、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)で、八百万の神の中で最も有名な食べ物の神様とされています。

倉稲魂命(うかのみたまのみこと)は、俗に言うお稲荷さんで、日本各地の稲荷神社で奉られている神様です。

”うかのみたまのみこと”の漢字表記は多々ありますが、こちらの稲荷神社では、「”倉稲”魂命」と表記されています。
この地の主食といえば、稲作が中心だったため、この字があてられているようです。

稲荷神社は、たとえば農家さんであれば豊作を祈りますが、農家でなくても皆さん通って、今年も健康(”食”から転じて)にと祈ったりしている、日常にある神社ですよね。

こうして、こちらの相模原市にある新田稲荷神社も五穀豊穣の神様として、この地人々の衣食住を支えてきた神社です。

「呼ばわり山」とは?

そんな、相模原市にある新田稲荷神社に、呼ばわり山という高さ10mほどの小さな小山があります。

ちょっと、上記のストリートビューではよく見えないのですが、新田稲荷神社の赤い鳥居の参道の右奥にある灰色の鳥居のところに、呼ばわり山があります。

呼ばわり山は、迷子が見つかると言われている場所です。

この地がある相模野といわれる地域は、昔は広大な原野でした。
目印と言えるものがあまりにもなく、迷い人や行方不明者がひっきりなしに出ていたため、人探しのご利益で有名だった武蔵国の川口村(今の八王子市)の今熊野権現社(今の今熊神社)の神様の分霊を移しまつることとしました。
また、この原野の中で目印になればと土を盛ったことで、この小高い呼ばわり山ができたそうです。
およそ10mほどの呼ばわり山から「迷子のだれそれやーい」と叫ぶと、迷子が見つかるようになったと言い伝えられています。

今でもよく交差点などに道標が置かれていますが、地図もない昔の人にとって、呼ばわり山は大層目立つ目印となったのですね。
今は境内の木々の中にこっそりあるような感じの呼ばわり山ですが、この地は、昔は本当に高い木も何もない原野だったのですね。

こうして、現代に至っても、呼ばわり山は、迷子や行方不明者、失せ物を探すときに祈りに訪れる場所として、地域に伝えられてきました。

人探しでなくても、無くした物でも呼ばわり山にくれば見つかるかもしれないんですって!
無くしものを見つけてくれるパワースポットですね✨

 

小惑星探査機「はやぶさ」 帰還は「呼ばわり山」のおかげ!

小惑星探査機「はやぶさ」が、一度は音信不通になりながらも帰還できたのは、相模原市にある新田稲荷神社の「呼ばわり山」に願い続けたからと言われています。
「呼ばわり山」は、前項でも記載した通り、人探しのご利益があります。

はやぶさとは?

小惑星探査機「はやぶさ」は小惑星イトカワの調査を行うために、2003年、宇宙に打ち上げられました。

太陽系の誕生当時やその後の進化の情報を保った天体のイトカワは、これから大きな惑星になるよという、言わば太陽や地球の赤ちゃんです。
はやぶさが、このイトカワの表面の物質を持ち帰り、それをもとに調査をすることで、太陽系の遠い過去の出来事が見えてきて、生命誕生のかぎを探ることができるかもしれません。

そんな大ミッションを次々と成し遂げたはやぶさですが、2005年、ミッションを遂げて地球に帰還する際に、地球との音信が途絶えてしまいます。
広大な宇宙の中で、迷子になってしまったのです。

迷子のはやぶさ。発見は「呼ばわり山」のおかげ!

この迷子の出来事は、ニュースでも度々報じられ、日本中がはやぶさの発見を願っていました。

そんな渦中、あるJAXAの研究者がはやぶさの発見を祈りに通っていたのが、この相模原市にある新田稲荷神社の「呼ばわり山」です。
新田稲荷神社の近くには、JAXAの相模原キャンパスがあり、きっと淵野辺駅からの通勤途中に通っていたのでしょう。

この研究員が毎日、「呼ばわり山」を訪れ祈り続けていた結果・・・

音信不通からおよそ1か月、JAXAの中でもネガティブな雰囲気にあった中、なんと!はやぶさとの音信が復活したのです!!
あんな、広い宇宙で迷子になっていたはやぶさが見つかったのです!

これは、本当に呼ばわり山の人探しのご利益が叶ったというほかありません。

人探しの神社として有名に!

こうして、一度は地球への帰還が絶望的であった小惑星探査機はやぶさは、「呼ばわり山」から呼ばれ続けたおかげで、地球へ戻ってくることができました。

このエピソードは、地域の中でも広まり、呼ばわり山のある新田稲荷神社は、人探しの神社として、ちょっとしたパワースポットになりました。

また、2014年に「はやぶさ2」が打ち上げられた際には、JAXA研究員も参加し、ミッションの成功祈願が、この新田稲荷神社で行われたそうです。

このはやぶさのエピソードからは、もう10年ほど経ってしまいましたが、人探しの神社として変わらずご利益がありますので、もし人探し・無くしものに困っている人は、相模原市にある新田稲荷神社の「呼ばわり山」に訪れてみてはいかがでしょうか

JR淵野辺駅から徒歩10分ほどとアクセスも良いので、お近くの方はぜひ行ってみてください!

Google Map

新田稲荷神社
住所: 〒229-0034 相模原市 中央区 共和1ー11ー18
電話番号:-
アクセス:JR横浜線淵野辺駅から徒歩10分前後
ホームページ:新田稲荷神社 – 神奈川県神社庁 (kanagawa-jinja.or.jp)

↓↓ほかにもいろんなパワースポットな神社を紹介しているので、あわせてご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました